こだわりウェディングドレス

新郎衣装選び

新郎衣装には着用する時間によってドレスコードが変わります。

新郎衣装は新婦の衣装に合わせて選ぶことが大切です。ふたりのバランスを見ながら、決めていきましょう。また、厳格なルールもと着用する時間によってドレスコードが変わりますので注意が必要です。

● モーニングコート
午後6時までの正装。イギリス流のベーシックでスタイルアップのモーニングコートは、ウエストから斜めにカットしたデザインが特徴です。一般的に、父親も着用するスタイルでもあります。

● 燕尾服(テールコート)
午後6時以降の正装。テールコートは、伝統と格式を重んじる夜の第一級スタイルです。黒の上着とズボン、ベスト、ワイシャツ、 蝶ネクタイは白で揃えます。上着の裾が燕の尾のようにみえるため この名前で呼ばれます。また、白い蝶ネクタイを用いるため「ホワイトタイ」と いう名でよばれることも多いです。指定の晩餐会や舞踏会など、公式の夜間の式典、夜の結婚式で着用したいフォーマルです。

● フロックコート
昼間の礼装。フロックコートは中世より伝わる伝統的スタイルで、前・後身頃がひざまで長さがあるのが特徴です。クラシックなデザインとなどが人気のあるタイプのようです。チャペル式や華やかなお式に最適です。

● タキシード
午後6時以降の準礼装。ベストを着用しないのが特徴で胴にカマーバンドを巻きます。タキシードは黒い蝶ネクタイが用いられるため「ブラックタイ」と呼ばれ、指定のパーティや結婚行事、公式晩餐会などに着用します。 プリーツの入ったウイングカラーのシャツにブラックの蝶タイ・カマーバンド世界が認めるフォーマル定番の着こなしです。

● ディレクターズスーツ
昼間の準礼装。ブラックスーツに、ストライプド・パンツやベストを合わせ、昼間に催される各式典やパーティなどに着用します。シャツやタイの組み合わせで個性的な装いが演出できます。

● アスコットタイ
正式には夕方までの正礼装時に着用されるべきもので、ウイングカラーのシャツに合わせるタイのことです。アスコットタイは締めるだけで、よりフォーマルに、そしてとてもオシャレな印象になります。そのため、最近は、結婚式などに人気のフォーマルアイテムとなっています。アスコットタイを選ぶ際には、シルバーグレーか白黒のストライプを選ぶと、よりフォーマルな着こなしになります。

● カマーバンド
上向きにひだの入った黒いベルトのような飾りのことをいいます。 ひだは必ず上向きになるように着けるのが正式です。 カラーは黒が基本ですが、近年は、カジュアル的な要素も取り入れて、色柄さまざまなカマーバンドも多数作られています。

● シークレットブーツ
新郎と新婦の身長差を補うために靴底に厚みを入れた靴のことをシークレットブーツと言います。見た目は一般的にある革靴と同じですが、自然に身長を高く見せてくれます。

Valuable information

最終更新日:2015/4/10

Copyright(c)2008 こだわりのウェディングドレス. All rights reserved.